日本人の英語力はとてもひどい印象

世界から見ると未だに日本人は英語が話せないと思われています。また、私もそう思っています。

時折、海外のテレビや動画で日本人にインタビューした映像をみかけますが、ランダムに道端で話しかけて絡んだり、インタビューしているところを見ると、日本人の英語力はとてもひどい印象です。海外の友人から日本では英語も通じないからねと言われたりしますが、何も言い返せません。そのため、幼児から英語学習をすることはとてもよいと思います。小さい頃から英語に触れることによって、英語への抵抗感はなくなります。そうなると、小学校、中学校、高校~大学で英語の勉強を続けても、抵抗なくスムーズに学び、最低の日常会話はスムーズに話せるようになると思います。そうすることによって、近い将来、日本の人口の1/3~半分くらいは最低限のバイリンガルになれるのではないかと思います。
メリット

・聴く力が身につく

・言葉を理解する力が身につく

・日本語の素晴らしさに気付ける

・バイリンガルになれる・なれる確率が上がる

・将来的に英語ではない他の外国語習得が簡単になりがち、マルチリンガルにもなりうる

・英語やその他外国語・外国人に対する苦手意識、先入観などが少なくなる・なくなる

デメリット

・英語が話せないご両親であれば、お家で学習が難しい

・日本語と英語を混同してしまう可能性がある

・日本語より先に英語の単語を覚えてしまうこともある

・教える側のアクセントが身についてしまう(ブリティッシュ、アメリカン、オーストラリアンからインディアン、フィリピノ、日本など教える方によってしまう)

・英語に興味を持ち学習していない場合、強制的に学習しているという意識がある場合はその後苦手・嫌いになることもありうる
セブンプラスバイリンガル 返金